ZVW30プリウス チューニング!KUHLサブコン・BIGスロットル・インテークホース!

本日は、ZVW30プリウス前期の、エンジン系パワーUP&レスポンスUPチューニングのレポートをさせて頂きたいと思います!!

今までも、走行テストをして、フィーリングなどはもちろん試していたのですが、今回は1ヶ月以上に渡って、わたくしがいろいろな仕様をテストさせて頂きましたので、あくまでもわたくしの私観です(・・・・大丈夫・・・・)が、報告させて頂きますね!! 気になる燃費の測定もしておりますので・・・・!!

ベース車両は、今回データ取りのためにフルノーマルのSツーリングセレクションで、タイヤも純正17インチです!! ちなみにわたくしの運転によるフルノーマル状態での燃費が、リッター15.8キロで、頑張って頑張って燃費走行を心がけ、19キロくらいまでは何とか伸ばせました!!RUF名古屋のお客様ですと、18インチ・19インチタイヤで20キロ以上伸ばしているお客様が非常に多いので、まだまだ全然ECO運転修行が足りない感じですよね! やはりハイブリッドカーは寒い時期の燃費は辛いですね!お昼の暖かい時に運転するのと燃費が全然違っていました!!

というわけで、こんな仕様でテストしてみました!!BLITZスロコンはOFFでテストしております!(ちなみにスロコンは、ノーマルでは電子制御でかなり抑えられている、アクセルペダル踏み込み量に対するスロットル開度をお手軽に調整でき、すごく体感も出来る商品ですので、RUF名古屋でも真っ先にオススメさせて頂いている商品です!ちなみにBLITZのスロコンは特に細かく設定が可能になっていますのでオススメです!)

① SAMCOインテークホース
② SAMCOインテークホース+ビッグスロットル
③ ノーマルエンジン+KUHLサブコンピューター
④ SAMCOインテークホース+ビッグスロットル+KUHLサブコンピューター

まずは①SAMCOインテークホースのフィーリングです!


左の純正インテークホースには、吸気音を抑えるためのレゾネーター(響音室)が付属しています
このレゾネーターによってスムーズな吸気が乱されて、吸入速度も遅くなり、パワーがロスしてしまう可能性があります!車にとって吸気は非常に重要で、思っている以上に大量の空気を吸い込んでいるんですよね!!純正のホースでは、熱膨張や大量のエア吸入時に膨張してしまい、かなりロスをしている可能性が高いんです!!
というわけで、SAMCOのインテークホースへと交換です
熱膨張に強いシリコン製のホースで、気流がスムーズに流れるデザインとなっております!!

肝心の走行フィーリングですが、わたくしの私観ですが、かなり好きなフィーリングに近づきました!!アクセルON時のレスポンスがかなり変わります!実際、ハイブリッドシステムインジケーターのレスポンスがかなり早くなり、随分スムーズな加速感になりました!!特にECOモードでの、ノーマル車ではかなりダルイ独特の加速感がかなり改善されますので、こちらのパーツは、ECOモードで燃費を気にしながらも、加速レスポンスを良くしたい方に、喜んで頂けるかと思います!!吸気音も大きくなりますので、やる気になりますよ!!

価格は24000円となっており、カラーもブルー以外にもたくさんのカラーがありますよ!!

気になる燃費ですが、こちらはアクセルワークにつきるかと思います!!気持ちよくてついつい踏み込んでしまうと燃費も悪化いたしますが、レスポンスの良さを利用して、アクセルをパット踏み込んで車速を稼ぎ、すぐにアクセルを戻すという乗り方をすれば、ノーマルよりも、燃費を伸ばせる可能性があります!! 実際、わたくしのECO運転でも、リッター1キロ近く燃費が延びました!!

意外に見落とされがちなパーツですが、なかなかの効果ですよ!!

というわけで、レポートはまだまだ続きます!!

by rufnagoya | 2013-02-04 20:02 | 片岡ブログ

<< ZVW30プリウス チューニン... 86 19インチコンプリート ... >>